大好物のレーズンバターサンド
気温が低くないと作りにくい


一昨年までは
卵白泡立てて作るバタークリームやってんけど
ちょっと改良して、むっちゃ簡単にしてみた

やっぱりあたしのレシピは
超簡単のズボラでなくてはならない
_(:3 ⌒゙)_ポリポリ




【レーズンバターサンド 簡易版】

■レーズンバタークリーム
・無塩バター 70
(好みで増やしても良い。増やすごとに柔かめクリーム)

・ホワイトチョコ 1枚
(ふつーの板チョコ。グラムにすると45とか50くらいかな。めんどうなので、柔らかさの調整はバター側で)

・砂糖 好みで適当に10くらい
(あとから味みて足してもえぇし、なくてもえぇかも)

・レーズン 好きなだけ
(あたしはラムレーズンと普通のを半々に入れる。普通のは、コップでレンチンしたお湯に適当に砂糖とかしたシロップで漬けて柔らかくしとく)

・ラム酒 好きなだけ


1 バターを室温にしてクリーム状に

2 チョコをレンチンで焦げないように溶かしてから、ぬるいくらいまで冷ます

3 室温バターとぬるいチョコと砂糖を混ぜる
(ぬるいときのんが砂糖なじむ)

4 レーズンとラム酒好きなだけほりこむ

5 いっぺん冷蔵庫へ

6 クッキーに挟むとき、また室温に






ほいで、クッキー。

レーズンバターサンド用に焼いてた、
アーモンドプードルたっぷりのサクホロしっとりクッキーよりも

いつもの塩バタークッキーのんが合うし、ぜったいこっちのんが美味しいと思うようになってきた。。。

最初の頃は、某社のレーズンバターサンド目指してたからかな

もぅ、そーゆーのはやめて
自分好みの味と食感と作りやすさを重視だわ


何回かレシピアップしてるかもやけど
ちょっと細かい説明いれてみました

イメージわくと良いな




■塩バタークッキー
・薄力粉 120
・強力粉 60
・砂糖 50〜60
・無塩バター 100 (有塩ダメぜったい)
・家にある食卓塩 適当に(焼けたあと仕上げにも振る)

1 先に粉類だけ全部混ぜとく
(塩もパパーっと)

2 冷え冷えバターをスケッパーで切るように混ぜる
(フープロあるならそれでガガーっと一気に)

3 粉粉にまんべんなく混ざったらビニール袋に入れて一気に練っちゃう。
(せっかく粉粉にしたのに〜とか思わずに練っちゃう。うどんみたいに踏んでもいい。とにかく手早く)

4 棒状にして冷蔵庫でカチカチに固める
(焼く前日に作っとくといい。)

5 冷蔵庫から出して、ギリギリ切れるくらいまで置いて、切る

6 180度のオーブンで薄いきつね色の手前まで焼いたら、150度に落としてきつね色になるまで焼く
(何分、とかじゃなく目と鼻で確かめる。慣れたらニオイだけでわかる)

7 冷めたらビニール袋に入れて食塩ババーっとふって、袋に空気入れてふくらましてから、クッキーが壊れない程度にガッサガッサ振る振る。

8 すぐ食べてもええけど、冷蔵庫で一晩寝かすとバターもしまるし塩もなじむのでオススメ


レーズンバターを挟んで冷蔵庫で固めたらレーズンバタークッキー。


まぢむちゃうまです(●′ω`人′ω`●)

我が家は豚バラ大好き家族です。。。。(,,・Д・)ブヒ


うちではいっぺんに
豚バラをブロックで10キロとか買っちゃうので

・角煮
・ベーコン
・煮豚
などなど、好きにいろいろ調理するわけですが




今回は焼き豚〜\(^o^)/


こないだチラリと焼き豚写真載せたら
レシピ教えてほちぃ!! てメールきたので

むっちゃ簡単でレシピとは言えんかもやけど。。。

φ(・ω・ )かきかき


1.豚バラブロックを短冊にカット
 肉の表面にフォークかなんかでブスブスブスブス穴開けまくる


2.醤油70・砂糖100・すった生姜たっぷり好きなだけ
 オイスターソース適当に1回しぐらい・はちみつ適当に1回しぐらい
 上記を全部混ぜた袋ん中に漬け込む。
 最低1日。3日ぐらいが美味い気がする。



3.オーブンに並べて焼く。200度ぐらいかな。
 えぇ色になるまで焼いて。



4.\(^o^)/できたーーーーーー!!!!






↑こんぐらい照りを出すには
 焼いてる最中に残ったタレを何回か塗りつけること
 (そんなんせんでも味しみてるから美味いけど


ちなみに上は熟成中の自家製ベーコン (´∀`*)ウフフ







もぅ めんどいから全部カットして冷凍
食べる分だけそのつど解凍(b´∀`)ネッ!


うちは熱々の白飯に乗せて
黄身落としてガツガツ食べることが多い (゜д゜)ウマー

ちょっと炙ってマヨと七味で食べても(゜д゜)ウマー

焼き飯に入れてもえぇし、炒め物に加えても(゜д゜)ウマー




焼き豚オススメ


ぶひぶひぶひ

グルメ友人Pさまのとこでレシピ紹介されてた親子丼

サライの自炊特集でもピックアップされていたとゆー

人形町「玉ひで」の『ぶっかけ親子丼』

むっちゃ美味そうで美味そうで、、、(´Д`;)/ヽァ/ヽァ
早速、夕食に作ってみました

いつもは業務スーパー ブラジル産鳥肉なのですが
ここはやっぱし…こだわるべきだろう!!!!!


『岡山桃太郎地鶏』 げっと


……なんか名前が妙ですが
旨みの濃いぃ地鶏には違いない。。。。。(o-´ω`-)ウムウム



たまごはフツーのんしかなく。。。まぁえぇか

タマゴは常温に戻すのがコツ とゆーことなので
しばらく放置放置放置

そのあいだに、地鶏を贅沢にもミンチにして…



『つくねキムチうどん 半熟タマゴ乗せ』 
 (゚д゚)ウマー

ナンコツ(これは普通の鳥…)も入れたから食感もサイコー
うどんは自分で打ったものを冷凍にしてたやつ
モチモチシコシコトゥルントゥルン (´;ω;`)ウマーーー


今日は珍しく自分のために料理してるなぁ……(^ω^)
自分のために料理するのだけは大嫌いやのになぁ


これも新しい自分への一歩だ! と勝手に思い込みつつw



そして、、、
タマゴも常温に戻った、夕刻

玉ひで流ぶっかけ親子丼 調理開始!!!


普段はレシピなんて見ずに
(逆に、ややこしくて戸惑うので見れない…)

ニオイと見た目と勢いだけで調理するのですが
(そして味に迷うのがイヤなので味見すらしない…)


今日は違う!
今日のあたしは違う!!

ポイントを押さえに押さえ
レシピに忠実に丁寧に!!!!

親子丼を作るにあたって
これほどまでに燃えた(萌えた)ことが
未だかつてあったであろうか!!!!!!!

親子丼を作るに当たって
これほどまでに手間をかけたことが
未だかつてあったであろうか!!!!!!!

いや!!!!!!!!

        ない!!!!!!!!


⊂二二二(^ω^)二二二つ


そして出来た!!!!



どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん(丼) !!!!!



こ…この照り、、、'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ

黄金に輝く タマゴと鶏肉

嗚呼。。。。。。親子の愛いっぱい丼 (たぶんコレ実の親子じゃないけど

昆布の微かな風味と
鶏の旨みがたっぷり行き渡ったコクのあるタレが
とろ〜〜〜りタマゴに存分に染み渡り
それがさらに
じゅーすぃーなお肉にからまりからまり
炊きたての銀シャリと共に お口の中へ…………


・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!



うーーーーーーーーまーーーーーーーーいーーーーーーーーー

マイウーマイウー



溢れんばかりの旨みと愛

もぅ子供たちも夢中で食ってました ガッツガツ
もぅあたしは半分白目で食ってました コエー


まぢうまい。。。
ほんまうまいから。。。。。。(´;ω;`)

今度は美味しいタマゴで作ろうっと



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
これがレシピ!
(Pさま日記からの抜粋です  アリガトゴザイマス
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【2人前】
材料は、鶏もも150g、玉子4ケ、お米2合。
鶏の味付けは、醤油40cc、味醂80cc、水80cc、出汁昆布3cm角。

1.鶏もも肉を親指先程度の大きさ(5〜6g)に切り分ける。
2.鍋に肉を入れて、醤油、味醂、出汁昆布をつけておいた水(昆布は取り除く)を加えて混ぜる。約5分置き、下味をつける。
3.材料が入った鍋を弱火にかけて、沸騰しないように注意しながら4〜5分煮る。肉に火が通ったら、いったん取り出す。
4.残った煮汁を弱火で1分弱沸騰させる。(煮立てることで、汁に含まれた鶏肉の生臭さが消えます)
5.鍋に鶏肉を戻して中火にかけ、再び沸騰したら玉子3個分を菜箸で10回ほど溶いて加える。(玉子は白身が残っている状態で入れていい)
6.玉杓子で優しく掻き混ぜながら煮る。玉子が半分程度まで固まってきたら火を止め、蓋をして30秒ほど蒸らし、玉子を固める。
7.蓋つきの丼に白飯を入れて、具材をのせる。
8.さらに玉子1個を白身が見えなくなるまで溶いて上からかけ、蓋をして約3分蒸らして出来上がり。

秘訣は玉子は冷蔵庫から出しておいて常温のものを使うことと、できるだけ大きな玉子を使うこと、30秒と3分の蒸らし。鶏肉はなるべく地鶏など、旨みの濃い肉を使うこと。

以上

うちの焼き飯

子供は パラパラ好き

あたしは ベタベタ好き


パラパラもえぇねんけどな〜〜〜
なんかいまいち満足感に欠ける。。。

ベッチャベチャではなく、ベタベタ
ちょっとご飯の粘り出ちゃったよ (ノ∀`)アイター なぐらいの

そんな焼き飯があたしは好きデス


でも子供らは それを許さないので
うちで焼き飯するときは
あたし用と子ども用を分けて作ります



一般的に おそらくパラパラ派の方が多いと思うので


 『うちの子供用

  どないしてもこないしても

   パラパラにしか成りえない焼き飯の作り方』
 
 (ながっ


■材料
・たまご
・飯
・好きな具
・フライパン
・泡だて器 (もしくは大きめのタッパー



,△蕕じめ、好きな具をフライパンで炒めとく

▲椒Ε襪なんかに卵パカッ(うちは1人前1個



そこにご飯入れて泡だて器でシャカシャカ
 塩・コショウ・醤油・オイスターソース・味噌などなど
 なんでもえぇから好みで一緒に味付けもしてしまう
 とにかくシャカシャカ
 


ざ颪スタンバイしてるフライパンにぶち込む

づ当に放置気味で炒める




               ■完 成■




どないしててもパラパラになります

最初はベターーーーっとなってる気がするんですが
そこは焦らずジッと我慢我慢
黙ってジーッと見守って炒め続けると
最終的にアホほどパラパラになってきます

絶対にパラパラになるので
途中で「もぅいいや」とあきらめてはいけません

ゴールは必ず「パラパラ」

アホほど「パラパラ」


そこに行き着くまで、ひたすら炒めてください


THE! パラパラ事件です
ねぇさん 事件です


使う油は、うちは角煮作ったときにかき集めたラード使用
やっぱり焼き飯はラードがいちばん(゚д゚)ウマー


男性一人暮らしなど
「泡だて器なんかねーんだよ (っ`Д´)っ・:∴ゴルァ!!!!!!」

って 場合は

大きめのタッパーに同じ材料入れて
フタをしっかり閉めて
シャカシャカシャカシャカ
親の仇のように おもくそ振ってください (^ω^#)



ちなみにあたし用の焼き飯は
ご飯の小さなかたまり (命名:粘りコロニー)
なるべく崩さぬように崩さぬように
そのまま団子状にネチッモチッと炒めます
(゚д゚)ウマー

運悪く 粘りコロニーが出来ず
運悪く パラパラに炒まりそうになると
最後の最後で
わざと粘液系調味料 (粘りエッセンス)を加えます
(゚д゚)ウマー


うちの次男だけは
最近 この粘り系焼き飯を好むようになりました
うふふ

トッピングは
チーズに塩ふったやつ&紅しょうが
そして半分食べた辺りでウスターソース回しがけ


サ━━━(´Д`)イコ━━(´Д`)━━━ウ!!!




いま食ってます

やっぱり美味い… ('A`)♪♪


本日は
さらに簡単にしてみました


「すべて最初からぶちこむ」








・水コップ二杯
・塩
・梅コブ茶
・マーガリン
・醤油
・春キャベツ
・ウィンナー
・鷹の爪




しかも
メンドクサイついでに

沸騰前から全て投入





ぼちぼち水気がなくなってきたら
箸でグリグリたまにかき混ぜてあげると
残りの水分がすぐ飛んでくれます


最後に青海苔パラパラ





できた

キャベツとウィンナ梅こぶパスタ



美味い美味い美味い
モチモチ美味い!!



バター醤油の香りもいい〜〜


麺にソースがからまって美味いのではなく
麺自体に味がシミシミ〜〜っとしみこんでいる感じやので

これたぶん
具がなくても美味い

前日の日記では
最後にバターをあえる と書きましたが
最初からバター入れて湯がいたほうが断然うまい!!!
コクが染み込む感じで。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!



いろいろ試そう
次は鶏肉とトマト缶ぶちこもう



ぁぁ
せっかくこんだけ手抜きの
超ズボラレシピなんやから


次は
もぅいっそ…




フライパンから食べようかな。。。

皿 のーさんきぅ

以前なんかのTV番組で紹介されてたらしぃ
超簡単レシピのパスタ

友人のオカマちゃんが

うまいうまいうまいから!!!としつこく言うので

半信半疑で昨夜の夜食に作ってみた



なんじゃこのレシピは………

(;´Д`)スバラスィ


・フライパンに500ccの水と塩少々
・沸騰したらパスタ投入
・中火でお湯が全部蒸発するまで放置
・最後にバターをあえる



計量がめんどくさいので 水はコップ2杯
それでたぶん500ccぐらいやと思うから (ノ´∀`*)

途中で具にしたい野菜やなんかを加えるとヨシ
一緒に茹であがってくれます

今回は冷蔵庫にあった魚肉ソーセージとドライトマトを途中で投入



up投入前についかじってしまったソーセージ


最後にバターではなくオリーブオイル
ほいでアンチョビを加えました
で、上からバジルぱらぱら



ああー 唐辛子入れたらよかったなぁ



ってか…………


(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー



「パスタはたっぷりのお湯とたっぷりの塩で」

この概念をくつがえされてしまった。。。。

ま ぢ う ま い



あの絶妙なモチモチ感は、初めて
モチモチ好きにはたまらない食感に茹で上がります

むっちゃはよぉに仕上がるし
洗い物はフライパンだけやし


(σ゚д゚)σナィス!



自分用のパスタレシピは
これからこれでいこう そうしよう


付け合せのサラダは
庭でスクスク成長してくれたルッコラ山盛り♪♪



(゚д゚)ウマー




ぉぇ……
朝から吐きそう


つわり ?

もしそぅなら
       (≡д≡)   神の子か…… (泣くとこですよ



3店舗に卸している うちの焼き菓子


仕事の合間に生地作って
焼いて 詰めて 作って 焼いて 詰めて 作って 焼いて 詰めて。。。

……家中スウィートな香りでいっぱい



(= =)


うちのオーブン 1段しか焼けへんのやなぁ
せめて2段で焼けるオーブンが欲しいなぁぁぁぁ


極めつけに 子供らのおやつリクエストが

長男→ ケーキ

次男→ プリン



σ(;´Д`)。。。 どっちにしよかな。。。。

遊びに来ているお友達の多数決とってみた


半々…… σ(;´Д`) ぁぁ


よっしゃ わかった

おばちゃんはスゴイねんどっ   なめんなっっ!!!

と ゆーことで



激デカのプリンケーキ完成♪


さらに吐き気が…

でもうまかった
プリンケーキなかなかやラブ

ちゃんと二層になったし〜
家にある材料ですぐ出きるのでかなりお手軽おやつです。是非♪



■プリンケーキ■ うちでは20cmのスクエア型で焼きました

●カラメル
砂糖 70g
水 大2
熱湯 大2

●プリンの液
卵L 4個
牛乳 250cc
生クリーム 250cc(生クリーム無しで牛乳500でも)
砂糖 70g
バニラオイル 数滴

●簡単スポンジ
砂糖 60g
卵 2個
薄力粉 70g
バター 20g



下準備
 ・オーブンは170度にあたためておく
 ・型に油(溶かしバター)を薄く塗っておく

1:カラメルソースを作る。
  鍋に砂糖と水をいれ強めの中火にかけて好みになるまで煮詰める。
  火からおろして熱湯を加えてのばし、(はねるのでヤケド注意) 焼き型に注いでおく。

2:プリン液を作る。
  鍋に牛乳と生クリーム・砂糖をいれて火にかける。人肌よりちょっと熱いくらい。
  別のボウルに卵を割りほぐしておく。(泡立てないように)
  さっき温めておいた液を卵とあわせ、バニラエッセンスを加える。
  茶こしか何かで濾しながら、カラメルが入った焼き型に注ぐ。

3:スポンジを作る。
  バターはレンヂか湯煎で溶かしておく。
  卵と砂糖を湯煎にかけながらもったりするまで泡立てる。
  ふるった薄力粉(うちは常にふるわんけど…)を入れて切るように混ぜ
  最後に溶かしバターを加えて混ぜ、カラメル→プリン液の入った焼き型に流す。

4:天板にお湯をはって、30分〜40分蒸し焼きにする。
  竹串を刺してみて、何もついてこなければOK。


  
  荒熱が取れたらひっくり返して出来上がり〜〜♪♪
  冷やしても もちろん(゚д゚)ウマーです。



プリンとスポンジは勝手に2層に分かれてくれるので、
結構大胆にガバッと生地流し込んでもOKやとオモイマス。

ひっくり返して時間を置くと、
スポンジがじんわりしっとりしてまた違った美味しさ♪



子供たちは…狂喜乱舞してました。。。。
ゎぁぃゞ(′▽`*))))((((*′▽`)ノ”ゎぁぃ







最近 この2つにゾッコンです
'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ♡

五香粉 と 花椒

五香粉 ゴコウフンって読みます
まずあたしのPCでは

興奮

って変換されるんですが、これもあながち間違いじゃない…
あたし的には まさに 五興奮 やし!!!
(;´Д(;´Д(;´Д(;´Д`)Д`)Д`)Д`)ハァァハァァハァァハァァ♡



もぅめっちゃえぇ味出してくれるねん

なんでもかんでも入れちゃいます
肉団子・炊き込みご飯・汁物   これを一振りして調理するだけで
摩訶不思議ステキワールドなお料理に大変身



そして 花椒

これはホワジャオって読むそうです
あたしは専ら 中国山椒 と呼んでますが

日本の山椒とは また一味違うクセになる風味
ピリリリリっと小気味良いシビレに まさにビリビリ感電するくらい惚れてます


最近一番のお気に入り調理法は
炊き込みご飯!!!

山椒の炊き込みご飯……あやしぃ?あやしぃか??

でもマヂ美味いです

もぅハマりにハマって 1週間に4回は炊いてます  (炊きすぎ

ピリピリするから子供にはちょっと。。。と思いきや
子供にもなかなかウケてるご様子
でもやはり

('A`)< ママ、またピリリご飯なの?


    。。。。チッ(・д・) 飽き性な子供らめ・・・・  (いや、子供が正しい

そんな山椒炊き込みご飯の中でも
かなりお気に入りなレシピをひとつ (*っ´∀`)っ"ドゾ


■中国山椒と鶏牛蒡の炊き込みご飯
4合分
・中国山椒 20粒ほど
・鶏肉(モモとムネ 両方入れたほうが食感の違いが楽しい
 好きなだけ入れたら良いと思う…のですが
 とりあえずあたしはモモ2枚・ムネ1枚 どかっと
・ごぼう これまたお好きなだけ…あたしは1袋2本入りのやつ全部
・胡麻油
・しょうゆ
・塩
・砂糖
・酒


〃榮は1cmぐらいに角切り
 牛蒡はささがき

⊂綉2つをたっぷりめの胡麻油で炒める
 火が半分通ったぐらいで砂糖・醤油・塩・酒で味を調える
 最後に中国山椒投入
 これで具は完成 そのまま放置で冷ましといてください

J討剖颪鰡屬瓩燭箸の汁をまず入れる
 で、足りない分の水を足す
 そして先ほどの具を投入

い△箸録罎だけ


あたしは炊き上がったあと
すぐデカぃ桶に飯を移して、軽く酒を振って混ぜ混ぜします

そのまま炊飯器の中で混ぜ混ぜするより ツヤが違う!!  気がする… (自己満足 


このご飯
山椒の香りと牛蒡の香りがホワワワワーーンと美味しく漂って
マヂ美味いので 是非是非お試しください♡


 

でっかい栗ちゃんと芋くんを大量にいただきました♪
わぁ━━ヽ(。´▽`。)ノ━━ぃ!!


とりあえず栗は渋皮煮にしよぅ
手間暇かかるけど、やっぱ一番美味しいし〜〜(●′エ`●)るんるん♪

この栗の渋皮煮
簡単にゆーたら 「栗をお砂糖で甘く煮ただけ」 
……こうやって書くとごっつぃありがたみがないな。。。。

でもまぢで手間暇かかるねん
たぶん完成までの工程を知ってる人と知らん人では
味わい方が格段に違ってくると思われます
(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン


とゆーことで
レシピ
……ってゆーか
工程 と言ったほうが似つかわしい気がするなぁ。。。(= =)
まぁ意味は一緒デスネ。。。


■栗の渋皮煮 レシピ■
*材料
・栗(皮付きで新鮮なもの)
・重曹(今なんだか流行ってますよね)
・お砂糖(栗の重量の半量)
・水
・ブランデー(好み)




 〃を水につけて皮をむきやすくする。数時間〜一晩。




 鬼皮をむく。
 鬼皮ってのは一番表面のカタイ皮のこと。
 渋皮を傷つけないように気をつけて〜〜丁寧に〜〜。
 栗のおしりに包丁の角を引っ掛けて、クイッと引っ張り剥く感じ。
 栗の皮むき器も市販されてます。(使ったことないけど便利そう
 とにかくポイントは 「渋皮を傷つけないように!」
 渋皮のスジもなるべくキレイに取ろう♪




 アク抜きをする。
 たっぷりの水に重曹適量入れて、栗を茹でこぼす。
 最初の数回は、一気にすんげー真っ黒になる。。。コワイ
 何回も繰り返して茹で汁が薄いサーモンピンクっぽくなったらえぇぐらい。
 今回は8回茹でこぼしていきました。
 根気根気。

 3回目ぐらいでいっぺんザルにあげて
 最初に取りきれなかった渋皮のスジをキレイに取り除いてあげる。
 丁寧に丁寧に1つずつキレイにしてあげてください。
 指の腹で優しくゴシゴシっとするとキレイにヌルッと取れちゃいます。
 取れない太めのスジは爪楊枝で慎重に取り除きましょう。

 最後の数回の茹でこぼしには、重曹入れなくてもいいです。




 い気討気董.レイになったら仕上げていきます。
 ちなみに少しでも傷つけちゃった栗は、全部厳しくよけとく。
 別料理に使うかしてくださいd(゚д゚●)ネッ

 鍋に水と、栗の重量の半分のお砂糖を投入。(テキトーでいいょ。。
 そこに栗を入れて そのままコトコト煮ていきます。
 栗が踊らないように、弱火でコトコトコトコト。。。。。。。
 アルミホイルなんかで落し蓋してくださぃ。

 コトコトコトコトコトコトコトコトコト…(*゜ρ゜) ボー


イ曚鵑コトコトひたすら煮るだけ。
 2時間〜3時間 火加減見ながらコトコトコトコト。
 ブランデー入れるか入れないかは好みでどうぞ。

 

 これが煮上がったクリクリちゃん♪♪♪♪
 このまま一晩寝かせて、味をふくませまーーす♪♪


Δ△箸麓兔舛瓦班啜佑瓠
 手間暇をかけた分、むちゃくちゃ愛おしくて美味しい渋皮煮♡
 一粒ずつ味わってやってください。(´Д`)ハァ・・・♪






そのまま食うだけじゃなくって、
ケーキに焼きこんだりしてもむちゃ美味しい。

秋ってえぇなぁ。。。
ぁぁ
もっと栗ほちぃなぁ。。。。


今夜は
鬼皮むくときに傷つけちゃった栗で、栗ご飯しよっと。

クリクリクリクリ

一昨日、シャンプーなくなったので
ちょっと試しにTSUBAKI買ってみました。

結構好きかも。香りが好み! ウエルカムようこそ我が家へ♪
ちなみに今まではパンテーン。 (′_J`)ノ゙バィバィ


さて、シャンプーの話題なんてどーでもいいんですが
今あたしは
毎月毎月定期的に開催される 『月末〆切ラッシュ祭』 中です。
_l ̄l○ ・・・・ガクリ……ワ…ワッショイ

はよ終わりたひ…(;´Д⊂)

毎月毎月毎月
苦しむのわかってんのに
なんで早めに出来ないんだ あたし。

と    毎月毎月毎月毎月思ってます。


これが一生続くんかなぁ。

繰り返して繰り返して 一生繰り返し続けるんかなぁ。
とか考えて 萎え〜〜〜〜〜…。

庭掘ろうかな。なんか出てこんかな…。

白馬に乗った大富豪はまだか。。。



そんな祭のさなか、昨日のおやつはまたシュークリームでした。
何気に、同じものを短期間で何回も作る自分が許せない。ヤダ
なんぼ子供らのリクエストとて、やっぱり性分的に許せないのです。
なので、中身のクリームを色々変えて自分なりに納得。
(どぅでもえぇっちゃ どうでもえぇねんけど…( = =)フン

この日は ・はちみつ&クリームチーズ ・チョコカスタード
シュー皮が焼きあがったとこ

このシュークリーム
難しそうに思われがちなんやけど、どっこいむちゃくちゃ簡単。
思い立ったらすぐできるし、材料少なくていいし!!
とにかく買ったやつより絶対美味しい。オススメ。

あたしのズボラレシピが知りたいとの奇特な問い合わせもあり。
おはずかしながら、UPします。

さくらんぼシュークリーム レシピ

シュー皮の材料・分量
・薄力粉 80g
・無塩バター 70g (あたしはマーガリン)
・卵 3個
・水 140mlぐらい 
…とゆーのも、うちの定番コップに一杯なんです。。。

nextシュー皮を焼こう
・卵をといとく。めんどくさくなければ薄力粉を振るっておく。
                       ※ちなみにあたしはふるいません。( ´,_ゝ`)プッ
 オーブンは200℃にあたためる。プレートにはクッキングシートを敷いとく。
・バターを水とを鍋に入れて火にかける。
 白く沸騰したら、薄力粉を一気に投入。バサーーーっとね。
・鍋の周りにこびりつかなくなるまで、火にかけたまま練り上げる。
 練るときは木ベラがいいよ。
・火からおろして、卵を半分ぐらい入れる。
 ここで泡立て器でガーーーーーっとかき混ぜる。ガーーーーーーー!!!っとね。
 なじんできたらもう半分の卵も入れてガーーーーーーーーー!!!
・木ベラですくってみたときに、なめらか〜うつくし〜〜三角になって
 落ちていくような感じになれば良し。
 もぅ…百歩譲ってなってなくても良し。 どないやねん
・生地を絞り出し袋に入れて、シートの上にコンモリコンモリモッコリ絞り出す。
 かなりふくらむので間隔いっぱい開けてね。
 めんどくせーと思ったら、スプーンですくって落としても良し。
・レシピ本なんかでは「霧吹きを…」とか書いてるけど、あたしはしたこと無し…。
・絞った後の角が立ちすぎてたら軽く指でツンツンして修正。
・焼けるまで焼く。200度で10分〜15分。その後170度で15分〜20分。
 各ご家庭のオーブンによって違うので、丁度えぇのん研究してください。



nextカスタードクリームを作ろう(こっちを先に作っとくべきです
使いきりで丁度えぇかな〜って感じの材料・分量
・卵黄 2個
・薄力粉 大1
・片栗粉 大1
・牛乳 200cc
・砂糖 大4 (好み)
・バニラエッセンス 適宜 (なくてもいい)
・生クリーム 大2ぐらい (なければコーヒーフレッシュ2・3個でいい。うち大抵それ)


・バニラオイルと生クリーム以外の材料を耐熱ボウルに全部入れて混ぜる。
・電子レンジで1分半ほど加熱。一回出して泡だて器でぐるぐる。
・混ぜたらまた1分ほどレンジで加熱⇒出してぐるぐる。
・これを丁度良いクリーム状になるまで繰り返す。
 うちで大体2・3回。
・丁度。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!って感じにまでなったら、バニラエッセンスと生クリ入れてぐるぐる・
・完成〜〜♪冷ましといてね。
・ここに練乳とか加えるとコッテリクリームになります。(゚д゚)ウマー

・焼きあがった皮にクリーム入れてシュークリーム完成
・あたしは脇の目立たないとこに小指で穴あけて、
 そこへ絞り出し口突っ込んでクリーム充填してます。
 半分に切ってクリーム入れたやつより子供受けがいい。


■HP

■SNS


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM